Loading...

Blog

ブログ

ホームページを開設する時にやってほしい3つの事

リニューアルの際にも使えますので、参考にしてください。

企業やサービスのキーワードを、Googleキーワードプランナーで洗い出しましょう

Googleキーワードプランナーに行き、
「新しいキーワードを見つける」で探したいキーワードを入れます。
(こちらは、googleのIDでログインしないと入れません)

例えば、弊社が制作したパーフェクトウオッシュさんは、石材を洗浄する会社さんですので、「石 洗浄」と入れてみます。

出てきた結果を「月刊平均検索ボリューム」部分を押し、昇順に並べます。
その中で業種に関係がありそうなキーワードを拾います。
その際、業種に興味がある対象(典型的なユーザー像)を細かく決めておくと(年齢、性別、職業、役職、趣味など)、ユーザーが求めるキーワードを拾いやすいです。(ペルソナと言います)
この数字は、先月1か月間の検索された数字になります。

エフロ 1000~1万
大理石 掃除 100~1000
床 黒ずみ 100~1000
石 研磨 100~1000
コンクリート オイル 染み 100~1000
御影石 大理石 100~1000
コンクリート 洗浄 100~1000
エフロ 除去 100~1000
外壁 掃除 100~1000
床 ポリッシャー 100~1000
大理石 研磨 100~1000

昔は、かなり正確な数字を出してくれていたのですが、いつのまにか、1000~1万、100~1000というようなアバウトな数字しか出してくれなくなってしまいました。それでも、昇順にしたので上の方の数字が多いという事がわかります。
1000以上数字がないとあまり商売にならないと言われていますが、ニッチな層を狙う場合はそれ以下も丁寧に拾ってください。

キーワードを元にページを作成する

キーワードプランナーからは、現在世の中の人がどのような事に興味があるか一目瞭然です。

例えば、上の結果からは、大理石、コンクリート、御影石の順に興味があり、エフロ(白華・コンクリートの灰汁等)の発生に困っている人が多いという事がわかります。パーフェクトウオッシュさんは、ディベロッパーさんなどが対象なので、「大理石 掃除」など一般家庭につながりそうなものは拾いません。

これを元にページを作成し、検索した方が求めている内容を説明するページを制作すると、お問合せにつながりやすくなります。会社のページなどでメニューに入れられない場合はブログを開設して、ブログで数字が多いものをテーマとして扱うといいでしょう。

<p>

企業様やサービスによってはメインのメニュー構成が非常に少ない場合があります。
だいたいの目安ですが、しっかり内容があるページが少なくても10ページはないと、検索エンジンで上位を目指す事が難しいと思います。ページ数が多ければいいという話ではありません。内容がきちんとあるページです。文字数にして、300文字以上は欲しいです。書き方として、何かのプロの方がターゲットではない場合は、高校生が読んでもよくわかる書き方をするといいと言われています。誰が読んでもわかりやすく、シンプルに!が理想です。

矛盾するようですが、いくら検索エンジンで上に上がっても文字だらけのページはユーザーが拒否しますので、タイトルや写真、説明、図などをはさんでユーザーが読みやすいページを作成してください。

パーフェクトウオッシュさんは上記のやり方でキーワードを調べた結果、石材毎に洗浄方法を調べている事がわかったので、ページをそのように分けて制作しました。その結果毎月利益につながるお問合せが、ホームページから来る状態になっています。

ブログは自社のサービスの下に作る

アメブロや他のブログサービスは簡単にブログが開設できますが、いくらブログを更新しても自社サイトを検索エンジンで上げてはくれません。アメブロをしているユーザーがお客様に非常に多い、などでなければ自社サービスのドメインの下にブログを制作しましょう。

弊社でしたら、https://colorenergy.biz/blog/のように、ドメインの下にブログがあります。

ブログで様々な文言で検索で上位に表示されるようになると、サイト全体が強くなっていきます。そうなると、新規でページを作成しても上がりやすくなります。

秘守主義などがあり、なかなか実績などを掲載しづらい会社さんが多いのは現状ですが、自社サービスに関連するキーワードで検索数が多いものの解説や解決策などをこつこつ毎月1つでもいいので書くと後々大きな財産になります。試してみてください。

Contact

お問い合わせ

ホームページのご依頼やご相談はこちらからお問い合わせください

お問い合わせ